遺伝子ワクチン接種者の血液に一体何が起こっているのか?


遺伝子ワクチン接種者の血液に一体何が起こっているのか?  [ 健康スタジオ横浜 ]

健康スタジオ横浜の内藤です。

 

ジェーン・ルビー医師が、ワクチン接種者の血液でいったい何が起きているのか、顕微鏡下で見たその血液の衝撃的な映像を伝えています。

酸化グラフェンという毒によって私たちの血液を侵している決定的な証拠です。これによって、血栓が起こり、脳卒中、心臓疾患などが起こりやすくなります。

また、そこまで悪化していなくても、疲労感、めまい、体調不良、精神不安定などが起きている人が多いと言われています。

さらに神経細胞に達すると、ギラン・バレー症候群などの神経障害を引き起こしやすくなります。

 

世の中には2年~3年以内に遺伝子ワクチン接種者が全員亡くなるようなことを言っている方もいるようですが、そのようなことは起こらないと思います、

そんな簡単に短期間で製薬会社が美味しい莫大な利益を手離すはずはありません。

微妙なところで、大騒ぎにならないギリギリのところで、上手にテレビ、新聞をコントロールしていくことでしょう。

地上波のテレビには出ませんから、数年かかって表に出るか出ないかのところで、世界的に莫大な利益を生み続けていくことになります。

「遺伝子ワクチン接種者の血液に一体何が起こっているのか?」の映像はこちらから!

 

世の中は本当にテレビ毒で冒されています。

NHKをはじめテレビのニュース番組が事実を伝えていると本当に信じている人はテレビウィルスに完全に感染しています。

今のニュースのブームは、デルタ株による、感染拡大、感染拡大、感染拡大、医療崩壊、医療崩壊、医療崩壊でしょう。

もうすでにWHOによって、新たに変異株のブームが巻き起こるように着々と準備が行われています。

順番待ちをしている株たちは次のとおりです。

 

感染拡大を起こしているのはウィルスではなく、PCR検査という立役者の存在とテレビによってです。

世の中の人は、PCR検査について殆ど知りません。

指定感染症の2類相当の指定についても知りません。

今回のワクチンが遺伝子ワクチンであることも治験中であることも殆どの人が知りません。

知らない、知らない、知らない。

知っているのはテレビ、新聞のニュースによる情報だけです。

 

次のようなニュースもテレビではほとんど流れることがありまあせん。

プロ野球 中日ドラゴンズの木下雄投手が遺伝子ワクチン接種から8日後に倒れて亡くなられています。

また、タレントの野々村真さんが肺炎で搬送されたことがニュースで報じられていましたが、遺伝子ワクチンを接種済であることは伏せられています。

遺伝子ワクチンの接種にとって都合の悪い情報は一切流さないのが暗黙の了承として行われています。

 

PCR検査を使い続け、陽性者を感染者にすり替えてテレビで情報を流しているうちは、5波、6波、7波、8波、9波、10波と意図的に引き起こされ、自粛が永遠に続きます。

PCR検査陽性=感染者は嘘  大橋眞元徳島大学名誉教授が話しておられる映像はコチラから

 

最後にアメリカに在住の企業経営者の山中泉さんが、現在アメリカと日本で起こっているコロナ騒動について多角的な視野でお話をされています。

また、なぜ日本では予防的なことを一切伝えることをしないのか、あるいは国会議員の体たらくな姿などもお話をされています。

非常に興味深い内容です。

どうぞご覧になってください。

日本とアメリカのコロナ騒動をわかりやすく解説しています。