「鏡餅」を飾る縁起の良い日は年内にあと2日!! [ 健康スタジオ横浜 ]


「鏡餅」を飾る縁起の良い日は年内にあと2日! [ 健康スタジオ横浜 ]

健康スタジオ横浜の内藤です。

本日もご訪問くださりありがとうございます。

 

今年もあとわずかとなりました。あともう少しでお正月がやってきます。

お正月に行う様々な行事というのは、新年の神様である「年神様」を家にお迎えし、もてなし、見送るためのものなのだそうです。

お正月には欠かせない鏡餅をお供えするのもその一つです。

新年の神様である「年神様」の居場所になるのが鏡餅です。

 

鏡餅の「鏡」の由来については諸説ありますが、昔の銅鏡に似ているからという説があります。

銅鏡というのは、天照大神から授かった三種の神器のひとつであり、伊勢神宮をはじめ、鏡を御神体としているところが数多くあります。

鏡餅は年神様の居場所ですから、ご神体としての銅鏡をお餅で表し「鏡餅」と呼ばれるようになりました。

鏡餅の丸い形は、昔の丸い鏡を模しており、魂の象徴でもあります。

お餅を二段重ねにする理由は、大小二段で月と太陽、陰と陽を表していて、円満に歳を重ねるという意味などが込められています。

 

さて、縁起物の鏡餅ですが、飾る日に気をつけることがあります。

鏡餅を飾る日は、12月29日と12月31日を避けるようにします。

29日は苦餅(苦持ち)、二重苦に通じ、31日は葬儀と同じ一夜飾りに通じて縁起が悪いとされています。

したがって、12月28日までに飾るか、もしくは12月30日に飾り付けるようにします。

 

そして、鏡開きに鏡餅を下げます。

鏡開きは、年神様がいらっしゃる松の内(1月7日まで)の期間を過ぎた1月11日に行います。

武道では、新年の道場開きに鏡開きをして、おしるこ等を振る舞うのが行事となっています。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。