真の健康人とは自らを調えることが出来る人 [ 健康スタジオ横浜 ]


真の健康人とは自らを調えることが出来る人 [ 健康スタジオ横浜 ]

健康スタジオ横浜の内藤です。

本日もご訪問くださりありがとうございます。

 

新型コロナウィルスの大規模接種が大都市圏で始まりました。

頭の中が恐れ一色になってしまった高齢者が我先へと腕を差し出しに向かっています。

長く生きてきた知恵も何も活かされていないのが残念でなりません。

おそらく多くの高齢者が、今回の新型コロナワクチンが、遺伝子ワクチンであることさえ知りません。

例え知っていたとしても恐れの思考に乗っ取られた人にとっては関係のないことでしょう。

 

今回の遺伝子ワクチンですが、非常に短期間の治験しか行われておりません。

今まで動物で行われてきた遺伝子ワクチンの実験はすべて失敗に終わっています。

危険ですから今まで人間には認可されなかった遺伝子ワクチンです。

もちろん長期に渡る経過観察などはいっさい行われていません。

今回初めて人間に接種し、接種された人が実験台となって、これから安全性が確認されていきます。

3年後、5年後、10年後に安全が担保され健康でいられる保証は今のところどこにもありません。

最低でも5年は状況を見守っておいた方が賢明かと思われます。

ワクチンを打って一時的な安心感は得られるかもしれませんが安全ではありません。

一時的な安心感と一生の安全とあなたはどちらを選択しますか?

もう既に若い人に副反応が出始めています。

 

さて本題です。

真の健康人とは、自分の在り方を客観視できて、自らを調えることが出来る人です。

新型コロナウィルスも罹る人と罹らない人がいます。

変異株であろうが何であろうが罹らない人は罹らないのです。

まして、無症状や軽症な人が90%以上の新型コロナウィルスです。

PCR検査自体が多くの偽陽性を生み出すので当たり前ですが。

 

極端な話ですが、飛沫が顔に付着しても全員が感染するとは限りません。

風邪、インフルエンザをはじめどのような感染症であっても罹る人と罹らない人がいるのが現実です。

罹らない人が存在するということは、ウィルスや細菌は病気の要因ではあっても原因ではありません。

病気の原因は私たち一人一人の在り方や状態にあります。

私たちの身体のコンディションが良ければ、感染症に限らず様々な病気のリスクも減るというわけです。

日々自分の身体と対話をして体調を調えておく必要があるのはそのためです。

ウィルスに強い免疫力の高まった身体を普段からつくっておきましょう。

 

そのためにおすすめしていますのが、背骨を中心とするエネルギーから身体を調整する背骨呼吸メソッドです。

「内なる生命力」「外なる生命力」を高め、免疫力、自己治癒力を養います。

健康や能力開発の基本ここにあり!

 

【背骨呼吸メソッド教室のご予約】
  こちらよりお願いいたします。

 

本日も最後までお読みくださりありがとうございます。