気・生体エネルギーの漏れを防ぐ生活術 [ 健康スタジオ横浜 ]


気・生体エネルギーの漏れを防ぐ生活術 [ 健康スタジオ横浜 ]

健康スタジオ横浜の内藤です。

本日もご訪問いただきありがとうございます。

 

人間は物質でありエネルギーの存在です。

人間でだけではなく、地球に存在するすべてのものは物質でありエネルギーでできています。

そのなかでも人間がいちばん不自然な生活をしているので、せっかく持ち合わせている気・生体エネルギーであっても漏れ出しています。

それでは、どのような生活をしているとエネルギーが漏れ出してしまうのか紹介します。

 

【気・生体エネルギーが漏れ出す生活スタイル】

① 夜更かし
② 目の使い過ぎ
③ 天候不順、不眠の時に無理をする
④ 暴飲暴食 特に③のときにするとひどくなります
⑤ 物事を行うときに過度に緊張する
⑥ 喜怒哀楽が激しい
⑦ 男性50歳以上、女性35歳以上は、普通の生活をしていても気・エネルギーが漏れやすい
⑧ 気虚   熟睡できない、食欲がない、物事を気にしやすい、便通が良くない

①の場合がいちばん気・生体エネルギーが漏れ出し、番号が大きくなるほど少なくなります。

番号の小さなものが2つ、3つある人は早急に生活習慣を改善する必要があります。

 

【気・生体エネルギーの漏れを修復する】

① 意識して生活習慣を改める
早寝をしたり、目を酷使するスマホ、パソコンから離れる

② エネルギーを高める
気・プラーナを摂り込む呼吸法や下丹田の強化を行う

③ いちばん気・エネルギーが漏れる目を休ませる
時間があれば目を瞑る。瞑想をする。

④ 食事の内容に気をつける
・精白されたものを避ける、安い肉、悪い油、レトルト食品、インスタント食品は極力避ける
・ビタミン、ミネラルを意識して摂る

 

特に仙道では、パワーアップのために次のような食材を摂ること勧めています

・ニンニク  5~6粒
・ニラ    1束
・生玉ねぎ  半分
・とろろ芋  1本

その他にも、ショウガ、納豆、オクラなどのネバネバものもおすすめです。

このようなものを毎日、大量に食べるのですから元気にならないわけがありません。

気の量を増やしたい、気を強くしたい人、疲れやすい、元気がない人などは、試しに行ってみるのもよいかもしれません。

ただし、胃腸が丈夫であることと、体臭に変化があるかもしれませんのでご注意を。

 

仏教や仙道のなかでも清浄派、ヨーガなどはこのような食材を摂ることは禁じられているようです。

身体の中の静かな気・プラーナを感じる、コントールをするのであれば、身体から溢れ出る量のエネルギーや強さはあまり必要としません。

しかし、仙道や武術の修行においては、身体から溢れ出るくらいのエネルギーの強さがないと現実世界では使えません。

肉体を持っている物質世界でアクティブに生きていくうえでは、豊かな気・エネルギーが必要となります。

同じく健康においても、気の量や強さは兼ね備えておいたほうがよさそうです。

また、気のボールをありありと感じたり、気を治療などに使うためには、もちろん強くて大きなエネルギーが必要です。

 

いちばんエネルギーが漏れやすい目の使い過ぎには充分注意をいたしましょう。

少しの時間があったら目を瞑ることをおすすめします。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。