気のトレーニングは3000種類にも及ぶ! [ 健康スタジオ横浜 ]


●気のトレーニングの数は3000種類にも及ぶ!  [ 健康スタジオ横浜 ]

健康スタジオ横浜の内藤です。

 

健康スタジオ横浜では、「気・エネルギー」を使いこなすことを目的に、様々なトレーニング法をセミナーや教室で行っています。

気・エネルギー使いこなすために、気を生み出し扱えるための肉体をつくり、そして日々調え、穏やかな心、リラックス状態に導くためのトレーニングを行います。

気・エネルギーのことを、中国では「気」と書いて「チー」と読み、インドでは「プラーナ」と呼びます。

日本ではご存知のように「気」と言います。

このように、中国、インド、日本には呼び方は違うものの、共通して「気」というエネルギーを表す言葉があります。

 

今から30年ほど前に日本では気功の大ブームが起こりました。

テレビでも特集を組んでインパクトのある映像をよく流していました。

それ以降、気功という言葉自体は日本でもよく知られるようになりましたが、それでは気功とは具体的に何かと訊かれると、はっきり答えられる人はまだ少ないようです。

「エイヤーと飛ばすものでしょ」

ポーズ付きで説明をしてくださる方は、ブームのときに映像をご覧になっていた世代ですから、今はそれなりの年齢の方です。

20代の方はエイヤーは知りません????・・・・

 

気功とは、簡単に言うと「気のトレーニング、気の鍛錬」のことを指します。

中国では、気のトレーニングの流派が、一説には3000流派もあると言われています。

数えた人は実際にはいないと思いますが、それだけ多くの流派があるということです。

流派というのはアプローチの仕方の数のことです。

アプローチの仕方は多数ありますが、扱うエネルギーの大元は一つです。

ただし、人間の思考や意識、環境が入っていくとエネルギーに名前を付け、別々のエネルギーとして認識して扱うようになります。

道教、医術、仏教、武術などで使われていた気・エネルギーの方法をひとまとめにして「気功」と名付けたのは長い歴史からみればつい最近のことです。

 

1950年以降の中国では、気のトレーニングを、「気功」と言う言葉で統一して一般的になりました。

インドにおいては「プラーナ」を扱っていた本来のハタ・ヨーガは、約100年ほど前を境に廃れていき、今ではエネルギーを扱うハタ・ヨーガを引き継いでいるところはインドでも殆ど残っていません。

現在ではチベット仏教の修行のほうに「風と脈管のヨーガ」として残されています。

一般的に気を訓練すると言われても、一体何をするのか、ピンとこない人も多いと思います。

具体的に言いますと、

エネルギーとして感じられる気・プラーナを身体に巡らせ、全身のすみずみまでエネルギーの流れを良くすることで、人間が「物質であるとともにエネルギーの存在であること」を確信にまで高め、それを日常生活で使いこなし、さらには体調不良を改善し、より健康な身心になることを目指して日々トレーニングを続けることです。

 

この気・エネルギーのシステムは、中国では長い歴史の中で、主として道教、儒教、仏教系、武術系の身体技法として発達してきました。

「道教気功」とは、仙道のことをいい、不老長寿を目指した気功です。

「儒教気功」とは、社会的に有能な人材になるための能力開発の気功です。

「仏教気功」とは、ひたすら自己の本質を追求するために行われる気功です。

 

さらに気功の種類として、武術のための硬気功と養生のための軟気功にも分けることができます。

さらに「動功」と「静功」の2つに分けることも出来ます。

動功とは、さまざまな動きによる気功法で、2000~3000種類ほどあると言われています。

「動中に静を求める功法」とも言われ、ヨーガのアーサナとも似ています。

静功とは、身体の動きを伴わない気功法で、「立つ」「座る」「横になる」の3種類で行います。

こちらは「静の中に動を感じ取る功法」とされ、ヨーガの瞑想や呼吸法に似ています。

 

現代でも「気」とは何なのか科学的にわかっていません。

宇宙そのものがすべて解明されることがないように、「気」というエネルギーは宇宙そのものを表していますから、これから先もすべてがわかることはないと思います。

それでも少しずつ研究が進み、気はエネルギーではあるものの、人間の意識と密接に関係のあるエネルギーで、身体が本来持っている生命力や自然治癒力を呼び覚ます役割があることもわかっています。

東洋の文化では、気・エネルギーの性質を見極めて、健康、武術、医療、能力開発などに応用してきました。

 

気・エネルギーは、常に私たちの体の中を流れています。

人間が持っている気・エネルギーは、その人が意識を向けたところに、その人がイメージしたように動いていきます。

意識、イメージの持ち方によって、良くも悪くも作用していきます。

そして自身の気・エネルギーのみならず、意識、イメージの持ち方によっては、外側に対しても影響を与えることが出来るようになります。

これをトレーニングによって身につけていくわけです。

 

この世の中は「物質」であり「エネルギー」の世界ですから、気・エネルギーが関わっていないものは何一つありません。

幅広く何にでも使えます。

何に使うのかはその人次第です。

そのベーシックなトレーニングを「気功」といいます。

 

「自分でつくる健康脳力開発」をLINE公式アカウントで発信しています!

健康スタジオ横浜では、LINEを通して定期的に情報を皆様にお届けしています。

ご登録いただきますと次の情報をお届けしております。

・教室・セミナーなどの最新スケジュール
・イベント情報
・最新の健康情報
・気・プラーナを使った脳力開発情報など

まずご自身でLINEにご登録していただく必要があります。

その後、健康スタジオ横浜のLINEページにご登録ください。

スマートフォンから直接ご登録の方法

LINEの検索画面からこちらのアドレスをご入力なさってください

@395qrmkn

パソコンを見ながらスマートフォンでご登録する方法

スマートフォンのカメラを下のQRコードにかざしてください。

すぐに読み取ってご登録できます。

02