春は暖かくなっても急に薄着をしない!季節に合わせた健康法 [ 健康スタジオ横浜 ]


春は暖かくなっても急に薄着をしない!季節に合わせた健康法 [ 健康スタジオ横浜 ]

健康スタジオ横浜の内藤です。

本日もご訪問いただきありがとうございます。

 

自然には自然の法則があります。

その法則に則っていると生命力が強くなり、逆に則っていないと生命力が弱くなります。

日々の生活の中に積極的に自然の法則を取り入れ、それに合わせて、生命力を強くするために利用する方法を季節の養生法といいます。

気をつけて実践すると寿命も伸びていくと言われています。

さて、自然の法則とは何でしょうか。

それは、春、夏、秋、冬の季節と生命力との関係です。

万物は春に生まれ、夏に成長し、秋に収穫して、冬にパワーを蓄えます。

人間も1年間をそのように生活すると元気になります。

春と夏は陽の気を養うための季節で、秋と冬は陰の気を養うための季節という意味です。

 

植物は人間の歴史よりも古く自然に則って生きています。

春に芽が出て、夏に一番成長します。

秋になると実ができ、根っこの部分も強くなります。

冬には来年のための栄養が溜まります。

このことを覚えておいて生活をするだけでも違ってきます。

 

1年を通じて部屋の温度を一定に保ち、同じように生活する事は本当は健康的ではありません。

快適な生活をすることと健康とは別です。

快適さだけを求めていると生命力が弱くなります。

冬の間は体の奥に引っ込んでいた気が、だんだんと表に出てきて活動的になるのが春の時期です。

全体的に陽の気が増してくるので心身ともにのびのびと活動的になるのには良い時期です。

春の季節の健康・養生法としては、体や心を少しずつオープンにしていくやり方が大切です。

 

春は徐々に暖かさを増してくるのですが、すぐに夏のように薄着になる事は良くありません。

自然界は春でも、人間の体は少し遅れて春になります。

春は体の芯から熱くなる位まで、洋服を厚めに着たほうが健康的です。

特に春の初めの頃は半分はまだ冬のような季節ですから、体を温めておくことが大事です。

 

春は吹く風に注意が必要です。

体が緩み始めていますので、風から冷たい気・エネルギーが入りやすくなっています。

春の風は首筋の「風池」のツボからも入りやすく、風邪をひいたり、経絡が詰まりやすくなりますので、首筋を風にさらさない注意が必要です。

また、春は陽を養う季節ですから、汗を出して冷たい邪気を出すことも大切なことになります。

食べ物では、唐辛子や生姜などの発散の食べ物が効果的です。

また鍋物などの陽の食べ物などもまだ食べておくことが必要です。

 

体の生命力を高める運動、体操としては、気・エネルギーを発散する方法や、ゆっくりとした呼吸法を通して、身体からエネルギーを発散する方向に向かわせることで身体が夏に向けた準備に入っていきます。

先日お伝えしました、飛べば気が溢れ出すエネルギー健康法をご参考になさってください。

春は少し長めにジャンプをすると良いでしょう。

さらに、縄跳びが最高の運動になります。

3分間の縄跳びは、足腰を中心とした全身運動としては最適ですし、春には最も適しています。

 

まだ、朝晩は少しヒンヤリしていますので、冷やすことなく過ごしてまいりましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。