何のために健康が必要なのか?考えてみましょう! [ 健康スタジオ横浜 ]


何のために健康が必要なのか?考えてみましょう!! [ 健康スタジオ横浜 ]

健康スタジオ横浜の内藤です。

本日もご訪問くださりありがとうございます。

 

健康スタジオ横浜では、ホリスティック・ヘルス・コンディショニングに基づき、「体」「心」「環境」を調え、自身の「気・プラーナ」を高め、真の健康と自由を自ら作っていく「健康脳力開発法」として行っています。

「病気にならない」とか「病気治し」といった意識の向け方とは、意図的に違う方向での活動や発信をしております。

健康スタジオ横浜は「健康」という名前を付けておりますが、健康になることだけを目標とはしておりません

「健康」はあくまでも「状態」です。

「状態」は移ろいゆくもので、ひと時も留まっていることはありません。

そして、手に取って見えるような実体はありません。

そのような実体のないものをゴールにして追い求めていると”健康オタク”と呼ばれるような人になります。

世の中には、

「健康のためなら死んでもいい!」

と言ったような極端な考え方や行動をしている方もいるようです。。

進むベクトルが明らかに違うと思います。

この2つをどうぞお考えになってみてください。

・何のために健康な状態が必要なのでしょうか?
・健康な状態で何をするのでしょうか?

健康は生きていくための道具の一つです。

道具の使い道がハッキリしていないと、せっかくの道具も宝の持ち腐れとなってしまいます。

「健康な状態」にどれだけの価値を見出せるかはひとりひとり違います。

「健康な状態」=「自由な時間」

両方とも実体はないのですが、「何のために」が明確になっている人にとっては、大きなモチベーションとなります。

そのために行うことはハッキリしています。

病気はお医者さんや治療家が治してくれるかもしれませんが、健康な状態は自分で健康になるための行動を習慣にしないと決して得られるものではありません。

多くの日本人は、自分で何かをすることを嫌う傾向にあります。

特に時間をかけて何かをすることを極端に嫌い、インスタントに手に入れるものを好みます。

健康は簡単に薬やワクチンで手に入れられるようなものではないことを心しておきましょう。

・健康は何のために必要なの?
・健康な「状態」で何をするの?

ご自身の心に問いかけてみましょう。

「恐れ」ではなく、「楽しみ」「喜び」をモチベーションすると大きく変わります。

 

最後までお読みくださりありがとうございます。