世界は遺伝子ワクチンの義務化へ向かう


● 世界は遺伝子ワクチンの義務化へ向かう

健康スタジオ横浜の内藤です。

 

先進国ではワクチン接種の2回目を終え、いよいよ次はワクチンのパスポート化、ワクチン接種の義務化へと進んで行くようです。

日本はといいますと、現在オリンピック開催中でもありますが、海外渡航者向けのワクチンパスポートの受付が始まりました。

また遺伝子ワクチンの供給が政府の思惑通りには進まず、どうやら時間がかかりそうなので、それまでの繋ぎも含めて、テレビや新聞などのメディアを使って煽りに向かっています。

日本パレオ協会  崎谷博征医師のブログをご紹介いたします。

遺伝子ワクチンを2回打った人から、新たに感染が広がっているようです。

日本も遺伝子ワクチンの接種が始まっており、打った人からウィルスが変異し、感染が広がっているといえます。

とは言いつつも、PCR検査そのもので何とでも操作が可能とも言えますが。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////

『大衆を追い詰めさせるフェーズに入った』 崎谷博征

世界中で新型567枠●●注射後に新規感染率や死亡率が高まっています(『Since vaccination (anticovid), the average daily mortality has increased in 13 out of 14 countries』AGORAVOX, May 22, 2021)。

過去記事でもお伝えしましたが、死蔵血管疾患、脳卒中、流産などの短期の有害事象の発症率も新型567枠●●注射後に高まっています。

シンガポールでも新規感染者の75%は、新型567枠●●のフル接種者です(『Vaccinated people make up 75% of recent COVID-19 cases in Singapore, but few fall ill』 REUTERS, July 23, 2021)。

当局は、この事実を覆い隠すために、「枠●●注射によって感染は増えますが、重症化が抑えられるのですよ」というようなナレーションを流しています(現在、シンガポールは再度ロックダウンへ)。

拙著でもお伝えしたように、これまでの臨床試験では、現行の新型567枠●●の重症化を抑えるエビデンスは皆無です。

そして、またや世界各国でロックダウンに戻りつつあります。

ロックダウン→一部開放→ロックダウン→一部開放→ロックダウン・・・・・

昨年から何度もお伝えしている大衆心理操作です。

現在では、先進国では大半の国民が新型567枠●●のフル注射済みです。

それでも新規感染が増加してロックダウンとなれば、フル注射した大衆の不満の矛先はどこに行くのでしょうか?

そうです。

みなさんのように、決して枠●●などに近づかない良識のある人たちです。

これは、人類史を少し紐解けば、同じことが繰り返されている常套手段です。

権力者は自らの手を汚すことなく、大衆に良識人を追い込ませることで、完全支配を楽勝で手に入れることができるのです。

原爆2発まで投下されたあの凄惨な太平洋戦争。

つい最近のことですが、このときも権力者に扇動された大衆自らが、戦争反対を唱えた良識人を密告し処罰しました。

人類の歴史では権力者と大衆(既得権益者)はいつも共犯関係です。

人類の糖のエネルギー代謝は著しく低下しているため、歴史は繰り返されます。

戦争の結果と同じく、枠●●の中長期の有害事象はこれから2年以内に詳らかになったときには、「時すでに遅し」の状態でしょう。

これから起こることに対処するためにも、私たちは自分の糖のエネルギー代謝を高めておくことが必須になってきます(^_−)−☆。