スロー筋トレと成長ホルモンの物凄い効果!背骨呼吸メソッド


スロー筋トレと成長ホルモンの物凄い効果!背骨呼吸メソッド

健康スタジオ横浜の内藤です。

 

健康スタジオ横浜で毎週木曜日に開催しています「背骨呼吸メソッド」ではスロー筋力トレーニングを取り入れています。

筋肉は筋トレなどで重い負荷をかけると乳酸を発生します。

それを脳が感知し、筋肉を成長させる「成長ホルモン」が多量に分泌され、筋肉がつくられます。

ところが、軽い負荷でも成長ホルモンを分泌させ、きつい筋トレと同様の効果がでるトレーニングがあります。

それがスロー筋力トレーニングです。

 

背骨呼吸メソッドでは、スロー筋トレにプラスして気・エネルギーのトレーニングも加えて行います。

スロー筋トレを行うにはスクワットが最適です。

 

スロー筋トレの効果

スロー筋トレを行うにはスクワットが最適です。

スロースクワットは、関節を伸ばしきらずに負荷をゆっくりかけ続けることで、筋肉の緊張が続き、血管が長く圧迫されたままとなり、筋肉の酸素不足が起こり、乳酸がたくさんたまります。

脳はきつい運動をしたと勘違いし、筋肉を成長させる成長ホルモンを多量に分泌させます。

つまり、激しい運動をしたときの現象が筋肉内に起こります。

成長ホルモンは、脂肪を分解しエネルギーとして燃えやすい遊離脂肪酸が生じさせます。

この時の身体の感覚に意識を向けて感じるようにすると、気功のトレーニングにもなります。

この後にウォーキングなどの有酸素運動をすると、効率よく脂肪を減らすことができます。

 

◆成長ホルモンの作用

成長ホルモンはこどもの成長期に活発に分泌されるホルモンですが、成人してからも、体の組織の新陳代謝のために、分泌され続けています。

ただし、その分泌量は加齢とともに減少し、50歳では半分になり、その後も減少を続けます。

成長ホルモンの効果には以下のものがあります。

① 筋肉量の増加
② 体脂肪の減少
③ 免疫機能の向上
④ 骨の強化
⑤ 張りのある肌への回復

 

スロー筋トレは安全に成長ホルモンの分泌を増加させることにより、骨、関節を強化し、筋肉量を増加させます。

骨粗鬆症の予防に有効で、骨折を減少させます。

認知症の予防にも効果があることが最近の研究でわかっています。

免疫力や見た目の改善にもつながり、「若返りホルモン」といわれています。

 

筋肉の約2/3が足腰の部分についています。

スロースクワットの物凄い効果がおわかりになられたかと思います。

健康スタジオ横浜では、毎週木曜日の午前中に行っている「背骨呼吸メソッド」では、スロースクワットといわれる太もものトレーニングとカーフレイズといわれるふくらはぎのトレーニングをプログラムに取り入れています。

 

元気でエネルギッシュに日常生活を過ごすためにはなくてはならない身体の状態をつくります。

気功の練習をされる方は、最も基礎となる大切なトレーニングです。

日常生活で習慣化していただくために、ていねいにレッスンしていますので、ご興味を持たれましたら体験レッスンにお越しになってください。

今日も最後までお読みくださりありがとうございます。

背骨呼吸メソッドのご参加・ご体験の予約はこちらからお申込みになれます。