『最強の野菜スープ』をご紹介! 抗がん剤の世界的権威が直伝の野菜健康法! [ 健康スタジオ横浜 ]


『最強の野菜スープをご紹介! 抗がん剤の世界的権威が直伝の野菜健康法!

健康スタジオ横浜の内藤です。

 

矢山先生のオンラインによる気功能力開発セミナーを受講なさっている方はご存知かと思いますが、セミナーの中で『最強の野菜スープ』という書籍を紹介されました。

著者は、抗がん剤の世界的な権威であり、ノーベル賞候補にも挙がるなど50年以上にわたる抗がん剤の世界的研究者・熊本大学の前田浩名誉教授です。

あわせて、がん予防の研究にもご尽力され、野菜の食べ方次第でがんの予防、免疫力向上の効果が飛躍的に高まることを明らかにしています。

新型コロナ&インフルエンザなどのウイルス感染からも身を守ってくれます。

 

野菜スープの効果

・「がんの予防には野菜スープを食べるのが一番」
・野菜スープは抗がん剤や放射線の副作用を軽減する
・がんの治療後の体力回復や再発の防止に野菜スープは最適
・野菜スープで病気知らずの身体になる。若返る。
・サラダより野菜スープは抗酸化力が100倍強い
・野菜スープは身体の毒消し

ブログの最後に基本的なレシピをご紹介しておきます。

健康維持に野菜が重要と考えられる理由は、野菜にはがんを予防したり、老化を促進させる活性酸素の害から体を守る「抗酸化物質」が豊富に含まれるためと言われています。

具体的には、野菜が持っている色素や香り、苦み、辛みなどの成分である「ファイトケミカル」をはじめ、「ビタミンA・C・E」や、グルタミン酸、システイン、グリシンといった3つのアミノ酸が結びついた「グルタチオン」という成分などがこれに当たります。

 

人間の体にはそもそも活性酸素を消去する抗酸化物質をつくる働きが備わっていますが、残念ながら加齢とともにその能力は低下していきます。

そのため、こうした抗酸化物質を野菜から上手に取り入れる必要がありますが、サラダなどの生野菜を食べても、大事な健康成分を体で吸収しきれません。

その理由は、野菜の細胞はとても硬い細胞壁に包まれており、有効成分は細胞壁の中にギュッと閉じ込められているからです。

そこで、大切なのが細胞壁を壊すこと。

そのためには野菜を加熱することが不可欠なのです。

野菜をゆでるだけで硬い細胞壁がすんなり壊れ、栄養成分が中から溶け出してきます。

つまり、野菜を加熱し、ゆで汁も一緒に飲めるスープや鍋は、野菜の栄養成分を効率よく摂取できる食べ方といえます。

 

「最強の野菜スープ」の基本的なつくりかた

材料:

・タマネギ、ニンジン、キャベツをベースにして季節の野菜を加える
・水 900ml

作り方:

1.野菜をひと口大に切る(無農薬が望ましい)
2.鍋に野菜と水を入れる
3.ふたをして火にかける
4.沸騰する直前に火を弱め約30分、野菜が柔らかくなるまで煮る
5.出来上がり。味付けは基本的にはしない。物足りない場合や食欲がないときは調味料を加える。

 

キノコや野菜など

 

さらに、美味しくいただくために、だしを加えたり、調味料や具材を加えると栄養価も高まります。

野菜を煮だしてスープが出来た後に具材を追加すると、さらに豊かなスープになります。

野菜スープに「おいしいだし」を加えると、海のペプチドが加わり栄養スープとなります。

また、豆腐、魚、肉などを入れるとタンパク質も加わり栄養価が高くなります。

味付けとして、味噌、醤油、塩、カレー粉などを入れると立派なおかずになります。

トマトを入れるとミネストローネになります。

色々と工夫をしながら美味しく野菜を摂りましょう。

さらに詳しいレシピは書籍をごらんになってください。

 

おいしいだし海のペプチド おいしいだし300g

 

本日も最後までお読みくださりありがとうございます。

 

「自分でつくる健康脳力開発」をLINE公式アカウントで発信しています!

健康スタジオ横浜では、LINEを通して定期的に情報を皆様にお届けしています。

ご登録いただきますと次の情報をお届けしております。

・教室・セミナーなどの最新スケジュール
・イベント情報
・最新の健康情報
・気・プラーナを使った脳力開発情報など

まずご自身でLINEにご登録していただく必要があります。

その後、健康スタジオ横浜のLINEページにご登録ください。

スマートフォンから直接ご登録の方法

LINEの検索画面からこちらのアドレスをご入力なさってください

@395qrmkn

パソコンを見ながらスマートフォンでご登録する方法

スマートフォンのカメラを下のQRコードにかざしてください。

すぐに読み取ってご登録できます。

02