「今・ここ」に意識を向けて生きる! [ 健康スタジオ横浜 ]


「今・ここ」に意識を向けて生きる! [ 健康スタジオ横浜 ]

健康スタジオ横浜の内藤です。

本日もご訪問いただきありがとうございます。

 

私たちは、日々の生活の中で、「今・ここ」を生きている、と言う事はあまり意識しないで暮らしています。

仕事や家事をしている時なども、「次はあれをしなければ、これをしなければ」と、常に次の行動のことを考えているのではないでしょうか。

例えば、食事をしながら、話をしていたり、新聞を読んでいたり、テレビを見ていたり、あるいはスマホを見ていたりなど、「食べるときには食べることを考える」といった当たり前のことをなかなかしていないかもしれません。

 

歩いてる時に、私たちはほとんどの場合、他のことを考えているか、目的地に着くことを考えていたり、スマホを見ながら歩いています。

ベトナム出身の僧侶、ティックナントハン師は「現代人は歩いてはいない、ただ移動しているだけだ」このようにおっしゃっています。

歩くというのは「どこかに移動する」ためだけのものだから、無駄なことは早く済ませたほうがいい、その間は我慢して他のことを考えていたり、やっていたりしようといった感じに捉えていることでしょう。

歩くという動作は、コンピューターやロボット技術が発達してきたとはいえ、完全に真似が出来ないほど複雑な運動で、体の中では歩くだけで実にたくさんの快い刺激が発生しています。

足の裏も股関節も内臓も歩くことによって自然とマッサージされているのです。

歩くことが体に良いというのはこのためです。

 

しかし、私たちは歩く心地よさをしみじみと味わうこともしないし、歩くことを楽しんでいる人も少ないことでしょう。

歩きながら刻一刻と出会う様々な風景を味わうこともなく、どこかに到着することだけに意味があるかのように行動しています。

このようにちょっと考えてみるだけでも、私たちが日常の多くの時間を「心ここにあらず」で過ごしているかが分かります。

それは、本当に「今・ここ」を生きていないという事にほかありません。

 

「本当にあなたは自分の人生を生きていますか」

という問いは、他の人の言いなりや他の情報を鵜呑みにすることによって不本意な時間を過ごしていないか、という事でもあります。

さしずめ「他の人の言いなりや他の情報を鵜呑みにする」を政府とテレビの情報と置き換えてみても良いのかと思います。

それと同時に、自分ひとりでいても、自分と向き合うことが出来ず、その虚しさを埋めるために、スマホを見たり、テレビを見たり、しなくても良いメールや電話をしたり、あるいは暇つぶしのために様々なことをしているのではないかという問いでもあります。

 

気功やヨーガなどの東洋の身体文化は、身体を通して心を「今、ここ」につなぎとめるためのレッスンといえます。

何か体操をしたり、呼吸法したりといった身体のことだけではありません。

自分の身体の中を見る、心の中を見る、気やプラーナのエネルギーを感じることに習熟することで、今日という日は今日しかない、今はこの一瞬しかない、ということに気づき、気エネルギーがいちばん充実した状態になります。

「今、ここ」こそが気・エネルギーがいちばん充実しています。

 

「恬淡虚無 真気従之 精神内守 病安従来」

という言葉が教えているのは、「たいていの悪い事は考えすぎから起こる」といった意味です。

考えすぎのほとんどは心が過去と未来に飛んでいます。

 

人間の心は一瞬のうちに過去にも未来にも、どんなところにも飛ぶことができます。

それさえも現実ではなく頭の中の世界といえます。

しかし、体は常に「今・ここ」にしかいられません。

心が「今・ここ」の体と一緒にいる時が、いちばん心身が統一された状態になっていて、それ以外の時はすべて「心ここにあらず」で心が体を離れてしまっている状態となります。

 

私たちはよく過去に考えを巡らし、

「こうすればよかった、あーすればよかった」
「あの時にあんなことを言われて悔しい」
「人からどう思われているだろう」

などと考えたり、未来に考えを巡らして、

あれもしなくてはこれもしなくては」
「あのようなことが起こったらどうしよう」

などと考えていたり心配をしたりしますが、このような心の状態が続くと著しく気エネルギーを損なうことになります。

 

漢字というのは少ない文字の中に的確な意味が込められていて、つくづくすごいなあと感じさせてくれます。

・「過去」  過ぎ去った、・・・・ 今はない
・「未来」  未だ来ていない、・・ 今はない
・「現在」  現れて在る ・・・・ 今ある

 

過去や未来は頭の中の思考にしかありません。

「今・ここ」に意識を向けることによって、気エネルギーが最も良い状態になります。

 

2022年は、「今、ここ」に意識を向けて生きてみませんか!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。