8月8日は「笑いの日」! [ 健康スタジオ横浜 ]


8月8日は「笑いの日」! [ 健康スタジオ横浜 ]

健康スタジオ横浜の内藤です。 

今日もご訪問くださりありがとうございます。

 

毎日が何らかの記念日ですが、8月8日は多くの記念日があります。

パチパチでソロバンの日、タコの日、歯並びの日など、まだまだたくさんあります。

そのなかでも「笑いの日」があります。

「敬老の日」の実現に中心となった日本不老協会が、中心となって発足した「笑いの日を作る会」が1994年に制定したものです。

笑い声「ハ(8)ハ(8)ハ」の語呂合せで、8月8日が「笑いの日」となっています。

笑いにはこんなにたくさんの良い効果があります

 

1年前の今頃にはイギリスから嬉しいニュースが入ってきていました。

憶えていますか?

全英女子オープンゴルフで、渋野日向子選手が初出場ながら優勝しました。

ラウンドを回っているときに、お菓子を食べながらニコニコしている姿が可愛く、見ている人も何となく微笑ましく楽しくなりました。

大会中の素敵な笑顔がイギリスの記者に評価されて、スマイルシンデレラ と名付けられました。

ご本人も帰国時の会見で、意識して笑顔をつくっていると話していました。

ゴルフはちょっとした力みがあってもボールの方向に影響を及ぼします。

笑いは緊張をほぐして体がリラックスします。

笑顔は自分だけではなく周りの人も幸せにします。

楽しく笑いましょう。微笑みましょう。

 

「ハッハハッハ~」と笑うだけで上半身の筋肉の殆どを使います。

実は笑いは立派な運動なのです。

車いすの高齢者でも無理なく行うことが出来ます。

さらに顔の表情筋を動かしますので表情が豊かになります。

 

笑わない、顔の表情もず~っと同じでは、その状態が顔の表情筋に記憶されます。

表情筋であっても使わなければ衰えていきます。

そして重力に任せたままにしていると、顔全体が垂れ下がってきて無表情でコワイ顔になっていきます。

笑って動かしましょう。

笑えない世の中は不自然であり危険です。

 

気づいたら口角を上げるだけでも良いのでぜひ行いましょう。

脳はそれだけで笑っているのと同じように認識します。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。