驚異!豆乳ヨーグルトの健康効果とは! 大草原の乳酸菌で免疫力を高める!


● 驚異!豆乳ヨーグルトの健康効果とは! 大草原の乳酸菌で免疫力を高める! 

 

健康スタジオ横浜の内藤です。

本日もご訪問くださりありがとうございます。

 

最近では牛乳を使わない「豆乳ヨーグルト」がだいぶ普及してまいりました。

 

健康のために牛乳系のヨーグルトを食べていらっしゃるかたもおられるかと思いますが、私達は乳製品の常食はおすすめをしておりません。

牛乳の危険性については、こちらの記事をお読みください。

 

今回ご紹介するのは豆乳でヨーグルトを作る豆乳ヨーグルトです。

 

病気の原因は腸にあるとも言われています。

 

また、免疫力の70%が腸に集中しているとも言われています。

 

腸の消化・吸収が落ちてくると、本来備わっている自然治癒力・免疫力が落ちてきて病気にかかりやすくなります。

 

そこで、腸内を改善することで、免疫力をアップさせ、自然治癒力を上げ、健康増進や病気の回復力の向上に役立てる原動力となります。

 

ヨーグルトの効果は腸の中に生きた乳酸菌を取り入れ、腸の働きを活性化させることにあります。

 

次のような効果があります。

 

豆乳ヨーグルトの効果

 

・老化を防止する

・肌荒れ、ニキビ、吹き出物の予防

・血圧を調整する

・胃粘膜を保護する

・便秘を解消する

・免疫力を高める

・生活習慣病を予防する

 

豆乳ヨーグルトは、

 

・モンゴル大草原の乳酸菌

・豆乳「北の大豆」

 

を使うことによって乳酸菌を拡大培養させています。

 

モンゴル大草原の乳酸菌は、消化力と発行のスピードが他の乳酸菌に比べて非常に優れています。

 

そして、乳酸菌の培養も100%有機栽培で無農薬の植物の培地を使って行われているため、体に安全であり、副作用やアレルギーの心配もありません。

 

また、一般のヨーグルトに使われている乳酸菌では豆乳を発酵させることが難しいのですが、モンゴル大草原の乳酸菌は他の乳酸菌に比べて発酵力に優れ、腸内環境を素早く改善してくれます。

 

それでは豆乳ヨーグルトの作り方をご紹介してまいります。

 豆乳ヨーグルトの作り方

■事前に準備しておくもの

1 豆乳「北の大豆」(太子食品)
太子食品の豆乳がいちばん乳酸菌が活性します。

 

2 「モンゴル大草原の乳酸菌」1カプセル

 

3 ヨーグルトメーカー

 

【北の大豆】
「北の大豆」を置いてあるスーパーは非常に少ないようです。

西友、東急ストア、サミットなどのお豆腐売り場に置いてあるところがあります。

 

【ヨーグルトメーカー】
大手電気ショップで在庫のあるところもあるようです。なければネットで購入することも可能です。

 

概ね2,000~3,000円の範囲内で購入することができます。

 

■豆乳ヨーグルトの作り方

乳酸菌は非常にデリケートなものなので、作る際はよく手洗いをして清潔にしてから始めてください。

 

1 「北の大豆」のキャップを取り、上から2~3cmぐらいまで豆乳を減らしておきます。

※ 乳酸菌を入れて混ぜやすくするためと、また発酵による膨張を防ぐためです。
減らすときに口を付けて飲むことはしないで下さい。雑菌が入るのを防ぐためです。

 

2 「大草原の乳酸菌」のカプセルを「北の大豆」の上で、ていねいに両側を引いてカプセルをはずし、中身の乳酸菌の粉末を豆乳の中に入れます。

※ 乳酸菌が手に触れると雑菌が混ざる場合があるので、カプセルを落とさないように慎重に豆乳に入れてください。

 

3 乳酸菌を入れたら豆乳のキャップをしてボトルごと1分間振り混ぜてください。

 

4 ヨーグルトメーカーに豆乳をペットボトルのまま入れてください。

※ カスピ海ヨーグルトを作る低温発酵(25度ぐらい)のものは、乳酸菌がきちんと発酵しないため使わないで下さい。

 

5 12時間前後発酵させると出来上がります。出来上がったヨーグルトは冷蔵庫で保存して下さい。

※ 10時間ぐらい発酵させるとまろやかなヨーグルトになり、12時間ぐらい発酵させると酸味があるヨーグルトになります。

※ ヨーグルトは生き物ですので、気温や乳酸菌の状態によって時間は異なります。

 

6 1回に80ml~100ml程度食べてください。1日に1回~3回食べます。

※ ペットボトルに直接口をつけず、お皿などに入れて食べて下さい。雑菌が入るのを防ぐためです。

※ ペットボトルの下のほうにヨーグルトがたまって取り出しづらいときは、ペットボトルを半分くらいで切りとると取り出しやすくなります。

 

ヨーグルトは生きていますので、上手に出来たり、上手に出来なかったり様々です。それも楽しみの一つとして自分で作ってみましょう。

 

人間の体の細胞がある程度入れ替わるには約3ヶ月程度必要となります。

 

効果を実感できるまでは継続してみる必要があります。

 

私は毎日、朝と夜に食べていますが、大変調子よく過ごしています。

 

ぜひ、お試しになってみてはいかがでしょうか。