言葉の意味づけを身体で確認する![健康スタジオ横浜]


言葉の意味づけを身体で確認する!

健康スタジオ横浜の内藤です。

今日もご訪問くださりありがとうございます。

今日は言葉に関する内容をお伝えしようと思います。

言葉は「言霊」(ことだま)といわれているくらいですから、口から発した言葉にはエネルギーが乗っています。

皆さん、毎日どのような言葉を使っていますか?

「気」、プラーナを認識して使っていると、言葉には「気」のチカラがこもっていることが実感できます。

そして、そのチカラを脳が感じています。

言葉には意味だけではなく、本当にチカラがこもっており、それを「言霊力」などと呼んでいます。

そして言葉には感情が加わります。

「うれしい」「悲しい」「楽しい」「苦しい」「怒り」「喜び」・・・。

そうした言葉のひとつひとつを脳の深い部位が感じ、プラスの言葉とマイナスの言葉に振り分け、チカラを身体に伝えます。

普段は気づかないかもしれませんが、自分の口から出た言葉、人から聞いた言葉に、私達の身体と心はつねに反応しています。

何気なく人の発した言葉に一瞬で緊張したことはありませんか?

私達の脳は、入ってきた言葉をはじめとするすべての情報を、自分にとって快か不快か、瞬時に振り分けるソフトを持っています。

脳(私)が「快」と感じた場合には、エンドルフィン、ドーパミン、セレトニンといった神経伝達物質が増えます。

脳の働きを高め、至福、集中、平安の感情をもたらすホルモンが出ることによって、身体の血流が良くなり、プラスのエネルギーが高まって免疫力が高まります。

反対に、脳(私)が「不快」と感じたときには、アドレナリン、ノルアドレナリンなど、嫌悪、恐れ、不安、緊張を引き起こす神経伝達物質が一気に増えます。

こうなると血流がどんどん悪くなり、エネルギーが低下し、治る力が十分の働かなくなります。

自分にとってポジティブな言葉を多く使うほどプラスのエネルギーが高まり、ネガティブな言葉を多く使うほど、マイナスのエネルギーが高まります。

ところが、同じ情報を受けているはずなのに、「快」に感じる人と、「不快」に感じる人がいます。

なぜでしょうか?

同じ情報を受けていても、ネガティブな情報と判断すれば心の中でものすごく拡大してしまいます。

言い方を変えれば、

「脳に入ってきた情報を、どのように解釈し意味づけするか」

にかかっています。

五感から入ってくる情報は、本当は黒でも白でもありません。ただの情報です。

その情報を、自分で解釈をして「不快」という意味づけをして振り分けてしまうと、だんだんとうまくいかなくなってしまいます。

すべての情報の実際は、黒でも白でもなく、善でも悪でもありません。情報はただの情報なのです。

情報を情報として見ることを、「ありのままに見る」ということになります。

しかし、すでに頭の中に苦悩をいっぱい抱え込んでいる人に、言葉を使って説得しようとしても非常に難しいものがあります。

脳内にアドレナリンがたくさん出ている状態では、入ってくる情報がすべて「不快」に振り分けられてしまうので、そのような人に対して論理を並べても、その時はわかったようでも本当は理解していません。

ですから、身体を通して、エネルギーの流れ、気の流れがどうなっているのかを自覚してもらうことから始めます。

そして、そのエネルギー状態を作っている身体にどのような緊張があるのか、自ら向き合うことでリラックスの必要性に気づいていきます。

心を心で操作することは心理学のプロであっても難しいのではないでしょうか。

身体 → 心 → 魂

実体のある身体をとおしたアプローチを心掛けています。

言葉をどのように意味づけしているか身体で確認してみましょう!

 

教室は電磁波などのノイズをカットした空間です。

環境が深いリラックスへと後押ししてくれます。

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございます。