見ている者になる、俯瞰をするということ!? [ 健康スタジオ横浜 ]


見ている者になる、俯瞰をするということ!?

健康スタジオ横浜の内藤です。

本日もご訪問くださりありがとうございます。

 

「俯瞰(ふかん)」という言葉を聞いたことがありますか?

聞きなれない言葉かもしれません。

「俯瞰」とは、「高いところから見下ろし眺めること」という意味になります。

客観的に物事を見ることを「俯瞰」といいます。

自分を俯瞰して見るなどと使いますので、どちらかというとビジネスで使われる用語になります。

 

そのような状態をスポーツの世界では、「ゾーン」とか「フロー」といいます。

最近ではそのような状態に気づくことを「マインドフルネス」なんて言い方をしたりします。

そして、ヨーガの経典である「ヨーガスートラ」では、「見るもの・見られるもの」といった表現をしていますが、この「見るもの」のことを言います。

 

コーチング仲間の大樹が「俯瞰」についてわかりやすい説明をしていますのでご紹介いたします。