脳からセロトニンが出る笑顔の簡単エクササイズ [ 健康スタジオ横浜 ]


脳からセロトニンが出る笑顔の簡単エクササイズ [ 健康スタジオ横浜 ]

こんにちは、健康スタジオ横浜の内藤です。

本日もご訪問いただきありがとうございます。

 

笑いが健康に効果があることは、今や医学的にも証明されています。

実は、笑顔を浮かべるだけでも、免疫にとって重要な「ナチュラルキラー細胞」が活性化され、幸せホルモンのセロトニンの生産も活発になります。
そして、笑顔のステキな人はとても健康的に見えます。
それは見た目だけに限りません。
少々メゲたくなるような出来事があったとしても、何かのきっかけで笑顔を浮かべることができたら、すぐに元気を取り戻せた経験をしたことがある人もいることでしょう。
笑顔と健康は、予想以上に深い関係があり、医学的にもそれが証明されつつあります。
たとえば、笑いはNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を高めますが、笑顔もNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を刺激してくれるといわれています。
NK細胞は、1人の人間の体内に50億個あまりも存在していますが、人の免疫メカニズムで重要な働きをするリンパ球の1種です。
とくに、腫傷細胞やウイルス感染細胞と闘って、私たちの健康を守ってくれる存在です。
そのNK細胞が笑顔とどのような関係にあるのでしょうか?
私たちが笑うとだいたい次のような顔になると思います。
目尻が下がり、口角が上がります。
この、表情筋の動きが免疫のコントロールセンターである間脳(視床下部)に伝わり、セロトニンという神経伝達物質を活発に生産します。
そのセロトニンが、血液やリンパ液によって全身に運ばれ、NK細胞の表面につくことで、その働きが活性化されます。
私たちの身体の中では、若くて健康な人でも1日に3,000~5,000個のがん細胞が発生しているといわれています。
そして、さまざまなウィルスも常に身体に侵入してきます。
そのままですと大変なことになりますが、そこで働いてくれるのがNK細胞です。
そのNK細胞を活性化させる鍵を握っているのがセロトニンであり、セロトニン生産の鍵を握っている要素のひとつが笑顔だといわれています。

実際に楽しいことがなくても、意識して口角を上げて笑顔をつくるだけで、セロトニンの生産が活発になるという報告もあります。

笑うフリをするだけでも効果は絶大です。

 

脳は実際に笑っている時と、笑ったフリをしている時の違いを見分けられないと言われています。

セロトニンは、不安やイライラを取り除き、安心感や幸福感をもたらす働きもあることから、「幸せホルモン」とも呼ばれています。

ぜひ、日常生活のなかで、笑顔を浮かべて、健康でイキイキとした毎日を送りたいものです。

いきなり1人で大笑いをするのがためらわれる人は、鏡の前で次のような1人エクササイズすることをお勧めします。

【脳からセロトニンが出る1人エクササイズ】

鏡の前で、「ハッピー」「ラッキー」と口角を横に広げ歯が見えるくらいの笑顔を作ります。

洗面所に行ったらこれを毎日繰り返してみましょう。

ちょっとイライラしたことがあったら、洗面所に行ってこのエクササイズを繰り返してみましょう。

気分がガラっと変わります。

自分の気持ちだけでなく、周りの人もハッピーにするのが笑顔の習慣です。

美容のためにも効果が絶大であることは言うまでもありません。

本日も最後までお読みくださりありがとうございます。

「自分でつくる健康脳力開発」をテーマにLINEで情報を発信しています!

健康スタジオ横浜では、このような情報を定期的にLINEを通して皆様にお届けしています。

ますご自身でLINEアプリにご登録していただく必要があります。

LINEのホームページから、右上の「人型+」のマークがありますのでタッチします。

QRコードが出てきましたら下の「友だち追加」ボタンをクリックしてQRコードを読み取ってご登録ください。

 

友だち追加