背骨呼吸メソッド・背骨と気のトレーニング


●  背骨呼吸メソッド・背骨と気のトレーニング

背骨を前後・左右・回転させることで、日々の歪みを解消し、気・プラーナの流れる強い背骨(管)をつくってまいります。

背骨呼吸メソッドでは、初めて行う方でも、背骨や肩甲骨を動かすことの出来る動作として行っています。

気功の練習をされておられる方には、応用バージョンとしてさらに内容を増やしてあります。

 

内容:

1.肩甲骨の準備動作

① 手を腰の後ろで組んで肩甲骨を寄せて緩める
② 手を腰の後ろで組んで前屈して、肩甲骨を寄せて組んだ手を挙げる
背骨の気の気の滞りを強力に解消する

 

2.背骨の前後動作Ⅰ(亀の型バージョン)

① 左の親指を上にして両手を組んで前に伸ばす
肩甲骨を引っ張り出すように両手を遠くまで伸ばし背中を拡げる
② 組んだ手を下から上へ身体から遠い楕円を描きながら回す
③ さらに動きを大きくして亀の型の動作を行う
④ 動作が終わったら腕を組んだままリラックス
⑤ 組んだ手を呼吸とともに上下させながら背骨のエネルギーを動かす
⑥ 背骨の前後にエネルギーを回す
息を吸って背骨の前側にエネルギーを頚椎1番まで上げていく。
息を吐きながら背骨の後ろ側の尾骨までエネルギーを下ろしていく
⑦ 鳩尾の高さで腕を組んで右回りの腕周天
⑧ 腕と胸の間に気・プラーナのボールを作る
⑨ 気・プラーナのボールを小周天女性回りの方向に循環 させる

 

3.背骨の前後動作Ⅱ(鳥の型バージョン)

① 右の親指を上にして両手を組んで前に伸ばす
肩甲骨を引っ張り出すように両手を遠くまで伸ばし背中を拡げる
② 組んだ手を上から下へ身体から遠い楕円を描きながら回す
③ さらに動きを大きくして鳥の型の動作を行う
④ 動作が終わったら腕を組んだままリラックス
⑤ 組んだ手を呼吸とともに上下させながら背骨のエネルギーを動かす
⑥ 背骨の前後にエネルギーを回す
息を吐いて背骨の前側にエネルギーを尾骨まで下ろしていく
息を吸いながら背骨の後ろ側を頚椎1番までエネルギーを上げていく
⑦ 鳩尾の高さで腕を組んで左回りの腕周天
⑧ 腕と胸の間に気・プラーナのボールを作る
⑨ 気・プラーナのボールを小周天男性回りの方向に循環 させる

 

4.背骨の横動作

① 右の親指を上にして両手を組んで胸の位置で左右に動かす
② 時計回りに楕円に回す
③ 左の親指を上にして組んで反時計回りに楕円に回す
④ 背骨の横に気・プラーナボールを循環させる
⑤ 立った姿勢で弛緩・リラックス

 

5.背骨の回転動作

① 回転のスワイショーで背骨を連続に捻じる動作
② チャクラを意識して回転する
尾骨、仙骨、命門、脊柱、霊台、大椎

 

6.右の親指を上に組んで地の気・プラーナを尾骨から吸い上げ百会から出す

 

7.左の親指を上に組んで天の気・プラーナを百会から吸い込んで下ろし尾骨から出す

 

8.印大周天呼吸法