朝のフルーツが美肌をつくる!無農薬の果物がからだに与える効果とは


● 朝のフルーツが美肌をつくる!無農薬の果物がからだに与える効果とは

こんにちは!健康スタジオ横浜の内藤です。

今日もご訪問くださりありがとうございます。

 

秋も少しずつ深まってまいりました。

これからは果物がさらに美味しい季節になってまいります。

どのような果物が好きですか?

果物の食べる時間によって、

「朝のフルーツは金、昼のフルーツは銀、夜のフルーツは銅」

ということわざがありますが、朝のフルーツは体に様々な良い影響を与えてくれます。

科学的にも、果物には体の様々な不調を整えてくれる効果があることがわかっています。

果物に多く含まれているクエン酸ですが、クエン酸には、疲労物質の乳酸ができるのを抑える働きがありますので、疲れたときに果物を食べると疲労を回復させる効果があります。

また、カリウムも豊富で、カリウムには筋肉の働きをスムーズにする作用があるので、バテないためにも果物で摂っておきたいものです。

そのほかにも、ビタミンCや食物繊維など、健康や美容、美肌にとって有効な栄養素が豊富に含まれています。

ただし、果物が美味しいからといって、食べ過ぎるとカロリーオーバーになるので、食べすぎには注意をして下さい。

みかんなら2個、リンゴなら1個ぐらい食べれば充分です。

せっかくですから、無農薬の果物を食べたいものです。

これからはリンゴがおいしくいただけます。

長野県伊那にある白鳥農園のリンゴは無農薬ですから皮ごと食べられます。

皮まで食べられるリンゴは白鳥農園でこちらでお求めになれます。

旬のリンゴもそろそろ終わりです。

お早めにお問合せください。

今日も最後までお読みくださりありがとうござい。