宇宙から見た地球 気候変動、地震、噴火など!


●  宇宙から見た地球 気候変動、地震、噴火など!

健康スタジオ横浜の内藤です。

今日もご訪問くださりありがとうございます。

 

自分の世界だけにどっぷりと浸かっていると回りが見えないものです。

これは自分の心もそうですが、集団にも当てはまることです。

「自我」あるいは「集団的自我」とも呼びます。

 

ネットワーク『地球村』の情報誌である、「地球村通信」に興味深い記事がありますので、一部をご紹介いたします。

 

宇宙パトロール隊の報告

1.宇宙パトロール隊より本部へ
太陽系第3惑星地球に、知的生命体が暮らしていることを発見!
この惑星は素晴らしい!美しい!

2.本部よりパトロール隊へ
了解、詳しく報告せよ。

3.パトロール隊より本部へ
知的生命体は2,000万種以上、すべて調和的な生き方をしています!
しかし1種類だけ野蛮生物がいます。
彼らは知性のかけらもなく、他の生物を虐殺し、生命維持装置も破壊し続けています。

4.本部よりパトロール隊へ
その野蛮生物はエイリアン(外的侵入者)であろう。
今後の予想は?

5.パトロール隊より本部へ
野蛮生物はヒトと名乗り、万物の霊長と豪語し、破壊を加速しています!
このままでは地球暦50年以内に、この惑星の生命は全滅します!

6.本部よりパトロール隊へ
惑星への干渉は避けたいが、惑星を救うための行動は必要だ。
本部は君たちを信頼し、野蛮生物の駆除を一任する。

7、パトロール隊から本部へ
了解しました。

 

惑星の生命維持装置というのは森林のことです。

私たちは、酸素を吸って二酸化炭素を吐き出す生物です。

酸素がないと生きてはいけないのに、その酸素を作り出している森林を自らの手で破壊し続けています。

毎年、日本の本州2/3ほどの森林が失われており、10秒ごとに東京ドーム1個分の森林が失われていることになります。

地球の気候変動で、雨が降るエリア、まったく降らないエリア、気温が上昇して暑いエリア、気温が低下して寒冷化しているエリアと極端です。

台風も今までにないほど年々巨大化しています。

「数十年に一度の災害」といった警報も多く耳にするようになっています。

人間が決して万物の霊長などではなく、地球の支配者でもないことを心しておかないと、残された時間はあまりないのかもしれません。

地球も生命体です。

惑星の生命が全滅する前に、自ら野蛮生物を除去することになるかもしれません。

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございます。