「健康脳力開発法」6ステッププログラム [ 健康スタジオ横浜 ]


「健康脳力開発法」6ステップ プログラム

健康スタジオ横浜では6つのステップを上りながら、体と心を調え、気の脳力を開発してまいります。

【 健康脳力開発法6ステップ 】

S1: フィットネス  自身で健康増進を図る
・運動の習慣をつくり、身体の機能の向上・維持を図り、90歳で動ける体を目指す
・「外なる体の力」を「筋力、柔軟性、バランス力」を備えた体でをつくり、姿勢と
  歩き方で確認をする
・「外なる体の力」によって「内なる体の力(免疫力・自己治癒力・消化力・吸収
  力・排泄力等)」を高め肉体的な健康増進を図る
「伸ばす、曲げる、ねじる」といった背骨の基本動作を習得し、自律神経系を調整する
・スポーツ、武術、ダンス等の基礎パフォーマンス力を高める
・老化防止に役立てる。特に姿勢の改善、歩き方の改善、認知症や寝たきりを予防する
・身体エネルギー(気)量を高め確認する
※ 身体を動かす習慣の必要性はこちらからお読みください。

 

S2: 呼吸法・リラクセーション  自身で緊張を緩める 
・リラックスの習慣をつくり、身体の緊張をほぐしストレスを解消する
・緊張している体の部分に気づき、体を緩めながらほぐしていく
・呼吸に必要な筋肉(呼吸筋)をつくり呼吸の質を高めるリラックスにつなげる
・呼吸に合わせながら身体の力を抜いていくスキルを身につける
・緊張は練習しなくても出来るが、リラックスするには練習が必要
・身体エネルギー(気)の流れのアップと確認

S3: 背骨力の育成・神経系の調整
・頸椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨の箇所を意識化できる
・柔軟で強い背骨をつくり、前後・横・ねじりの歪みを調える
・体の背面の部分、ふくらはぎ、ひざ裏、ハムストリングス、仙骨、腰、背中、首を
伸ばし、気の滞りを解消する
・背骨を中心とした体の軸(中心軸)を作る
・自律神経を調整する
・背骨の感覚に意識を向けながら体の動作をイコール瞑想にする

S4: 身体外部感覚の開発
・身体の部分への集中と意識化による気の感覚の向上
・手指の感覚の鋭敏化、手首・腕の感覚の鋭敏化
・手指をチャクラ化し、外界の気の入出力が認識できる
・気のボールの育成し、開合、昇降で強める
・腕周天の達成、身体の中に意図的に気を巡らす
・小周天の達成
・瞑想

S5: 身体内部感覚の開発
・動作による気の流れ(身体の左右差・全体性)、呼吸、筋肉、骨の感覚を認識できる
・身体操作で脳バランスを調える(右脳、左脳、全体脳の違いを認識する)
・背骨の動作で脳幹の力を高める(自律神経コントロールセンターの活性化)
・各チャクラの開発、気の入出力の認識
・高度な腕周天・身体周天の達成
・高度な小周天の達成、大周天の達成
・瞑想

S6: イメージ力の開発と思考からの脱却
・脳から出る神経伝達物質を意図的に変えることができる
・スーパーリラクセーションによる身体感覚の消失
・チャクラの瞑想と肉体感覚の消失
・思考からの脱却
・気づきの瞑想
・自己の開放

 

ステップの学びを深める、推薦している書籍、ご参考になる書籍はこちらよりご覧になれます。

 

【外部環境のチューンナップ】

1.住環境(建材・化学物質、電磁波)

2.食環境(農薬、添加物、乳製品、水、調味料、嗜好品)

3.口内環境(歯科金属、噛み合わせ)

4.職場環境

5.人間関係(家族、職場等)

6.放射能

健康増進に関しては、ステップ1、ステップ2を行うとともに、外部環境を整えることで、薬や整体などに依存することなく、自ら健康を築いていくことが出来るようになります。
また、老化防止に目覚ましい効果があります。

気功の脳力開発については、ステップ1、ステップ2で身体と心を整えてから行うことで、スピーディーに気の脳力が開発されます。

 

【健康脳力開発法 対応カリキュラム】

ステップ1 フィットネス:  背骨呼吸メソッド、プラーナヨガ

ステップ2 呼吸法・リラクセーション:  プラーナヨガ

ステップ3 背骨力の育成:  背骨呼吸メソッド、プラーナヨガ、小周天気功法

ステップ4 身体外部感覚の開発:  小周天気功法

ステップ5 身体内部感覚の開発:  大周天気功法

ステップ6 イメージ力の開発と思考からの脱却: SP