中国新型肺炎コロナウィルスの情報について6 [ 健康スタジオ横浜 ]


中国新型肺炎コロナウィルスの情報について6 [ 健康スタジオ横浜 ]

健康スタジオ横浜の内藤です。

 

独自に情報を収集して発信している知人から新しい情報が入りましたのでご紹介いたします。

次の記事をご覧になってください。

 

======================================
国際●感染者数を少なく見せる安倍政権3
======================================

■安倍総理と一緒に「感染地獄に転落ミクス」してくれ

安倍天皇……は、自分の好き嫌いで政治をし気に入る、おべっか使う人間だけを取り巻きにしてきた。

それが「そんたく」である。

国民は、それが「とても深刻」「最後は自分たち国民に具体的被害のブーメランとして返ってくる」ことにあまりにも無知だったし、意識も低かった。

民主主義国家の国民としての責任も果たさず、行動もしなかった。

私が、2016年から加計問題で黒川敦彦君らと「声を張り上げ」「必死の抗議」「裁判」してきても、国民のほとんどは「何言ってんの?この過激な人たち」ぐらいにしか思わなかった。

その象徴が、武蔵小杉のタワーマンション住民、今回のダイヤモンドプリンセスの「自分たちだけいい思いすればいい」という「思いあがった」「デベロッパーや商売人に踊らされたなんちゃってラグジュアリー」の「プチ富裕層」だった。

その人たちのほとんどは60代、70代、80代……私が、毎日街中でうんざりしている「醜態」をさらす団塊の世代とかの連中。

老人なのに子供や青少年の「見本」にまるでならない。

神仏もわからず、目が曇り、物欲に右往左往する連中。

今の若い人は、俺に自分の給料が少ないのに涼しい顔をして「カンパ振り込ませてください」と言ってくる。

団塊の連中はしない。そこで「人間の質」がわかるじゃないか?

俺は、その光景に幻滅している。

こんなんじゃなかった。俺が師とあおいだ、老人たちは「明治・大正生まれ」がほとんどだった。

小島慶三、富士ふみ、田中恵子、佐藤克己……自分もこういう老人になりたい……

そういう知性と品格、高度な頭脳をもった人たちばかりだった。

今は「こんな老人にはなりたくない」というゾンビが街を歩き回って、至る所でわめいている。

……だから、安倍総理は、「新型コロナウイルスが逆に蔓延すれば、同時にうるさくて国家財政にお荷物な団塊世代も殺してくれる将来の負担も減らせる」と踏んだわけだ。

財務省の幹部も内心「ほっと」しているかもしれない。

桜を見る会で、俺が「モロ桜吹雪のやくざと菅官房長官のツーショット」を出したら、焦りまくり。

★ぼくスガエモン。桜を見る会に暴力団税金で招いて記念撮影しました。

そうしたら、新型コロナウイルスを国民に噴射して……逃げるわけか。

なんで、そんな男を支持するのだろう?日本国民は。

 

■武漢・湖北省のしばりを強行する理由

で、わかっただろう?

今、あなたたちがどういう状況に置かれ、今後「どう殺処分」されるかを。

嫌なら、首相官邸や厚労省に「怒鳴りこめ」

そうしないと、あんたたちが「殺される」

既に起きているが、日本各地で「発熱した」「せきがとまらない」「倦怠感が続きすぎる」という症状を訴える人が病院に押し寄せている。

ところが医師も困るのだ「武漢と湖北省に関係していましたか?」と聞くことになっているので

「いえ?ふつうに街に行って、会合に出て」「では、関係ないので新型コロナウイルスではないですね」

……いきなり「違う」「別の病気」と診断・治療される。

指定感染症の「新型コロナウイルス」に診断されると国が医療費を完治するまで面倒見てくれるが

ただのカゼ扱いなら全部自腹だ。

そして、死んでも厚労省は「新型コロナウイルスではない別の死因」で統計処理する。

だから、日本での発病者・死亡者は公的書類では低くなる。

こうしたのは安倍総理です。

覚えておけ。医学者の意志決定ではない。政治の決定。

政治がクズだと、やることなすこと、ここまでクズになり最後はあなたも殺される。

こうして保健所には「新型コロナウイルス疑い」の患者報告は上がらない。

「合法的にていねいに」感染者と死者の過小評価がされていく。

で、安倍総理は国会でこうのたうつに決まっている。

「我々の水際対策が功を奏し、国内の感染者数は厚労省の統計でも少ないです」

中国政府は先日あたりから「そろそろグラフが落ち着く」ようにエクセルの計算を変えた。

なので、2月〜3月には無理やり収束させる……なんて画策をしているようだ。

でも、現実には医学的に感染している奴はいっぱいいて、そいつらは「わからず」「自覚せず」周囲に感染を広げている。

すでに12月、1月の2か月で日本国内の潜在的な感染者数はすごい数になっている。

 

■感染研・厚労省のホンネ

だから、元感染研の岡田、元厚労省の木村氏も「水際対策なんてしても、もう手遅れでしょうがない」。

「これからは、国内の日本人感染者、特に、持病もちと老人の【免疫弱者】を守る対策を」と言うしかないのである。

 

■新型コロナウイルスを「致命率は低いし、たいていの人は治る」というやつ全員「バカ」だから。覚えておいて。

日本の人口構成を理解しているのか?

新型コロナウイルスにかかった40代以上の持病もち(糖尿病とか)いったい、どれだけの人口いる?ましてや50代以上、60〜80代の老人は?

糖尿病患者だけで1000万人以上、日本にいる。

そいつら(俺もな)は、新型コロナウイルスに感染したら死ぬ。

いっぱい……死ぬじゃないか?

なんで、そんな病気を……日本に「ウェルカム」した。

1兆円の中国人の金が欲しかったからか?

安倍総理は常に「政治はカネ」の人間だ。だから、素直にカネをとった。

「インバウンド守って、福祉を食い荒らす老人死んで、ちょうどいい」

確かに……国家の最高権力会議の決定としては……正しい?

でも、中国人民政府と変わらないだろが

 

■ちなみに中国はどうなってる?

武漢になぜ軍が入った?

突貫工事でつくった2つの野戦?病院をなぜ軍が経営している。

デマだといいが、8日間で作った病院が、今火災で燃えているらしい。

ウソだといいが、ほんとなら「病院といいつつ、そのまま焼却して証拠隠滅」か?

となる。笑えない話だ。

武漢では、治療は行われていない。

ほとんどの患者は、ベッドに寝かされ、死ぬか回復するかだけになる。

死んだら、そのまま死体袋に入れて焼き場で燃やされる。

中国では今、大量の「ホロコースト」が行われている。

武漢の病院は「アウシュビッツ」である。

だから、軍で管理、口封じで患者が逃げ出さないよう管理している。

たとえ、武漢1100万人が全滅しても、守るべきは「14億の全人口」である。

「中国共産党のプライド」である。

けっして、死者20万人、感染者が数百万人……とは認めない。言わない。

 

==========================================

ご参考までに。

予防として身体の抵抗力が下がるようなことは避けましょう。

1.夜更かし、睡眠不足は厳禁

2.食べ過ぎ、飲みすぎに注意

3.身体を冷やさないようにする

そして、基本的な生活習慣をもういちど見直しましょう。

やるべき習慣です。

1.運動

2.栄養補給

3.休息

こちらの記事をご参考になさってください。

 

本日も最後までお読みくださりありがとうございます。