ホリスティックヘルス・コンディショニングの特徴

ホリスティックヘルス・コンディショニングとは

ホリスティックヘルス・コンディショニングとは

自ら作り上げる総合健康法

21世紀に入り日本をはじめ先進国は、高齢化社会に急速に進みながら、ますます健康がクローズアップされる時代を向かえようとしています。

そのような中、健康、美容関連の雑誌をはじめとして、〇〇健康法や〇〇療法など、何か一つの食品を摂ればすぐに健康やダイエットに効果が出るような情報が氾濫しています。

人間の体や心はそれほど単純ではありません。

様々な要素が組み合わさった総合的な結果として、ベストコンディション(健康)が得られます。

ホリスティックヘルス・コンディショニングは、「体」「心」「エネルギー」「環境」をトータルに整えて、健康な身心を作り、習慣として定着し、身につけていく方法をお伝えしています。

この4つがバランスよく整えられていることが、健康へのいちばんの近道といえます。

しかし、この中でどれか一つがとても高いレベルにあると、他の要素をカバーすることも可能です。

あえて優先順位をつけるとすれば、①体の力を高め強い体をつくる、②日々の緊張をほぐしてリラックスできる心をつくる、この二つは現代人にとって必須といえます。

ホリスティックヘルス・コンディショニングの四要素である「体の力」「リラックス」「気」「環境」をバランス良く高めながら、自身で日々のベストコンディションを作り、さらに脳力開発を行ってまいりましょう。

また、21世紀の最新医療で、10年~15年進んでいるといわれる「バイオレゾナンス医学会」の情報など、日常生活に役立つ最新情報をお伝えしております。

ホリスティックヘルス・コンディショニングは、東洋の身体文化理論を基礎としていますので、インスタントに結果を求めるものではありません。
まさに薄紙を重ね合わせるように、日々体と心を整え、習慣をつくりあげていくことが、5年後10年後に確実に揺るぎない健康や脳力が身についていることをお約束いたします

1.「外なる体の力」「内なる体の力」を高める
  背骨体操・ヨガ・スロー筋力トレーニング・体幹トレーニング等

2.体と心の緊張をほぐし深くリラックスする
  ヨガ、呼吸法等

3.エネルギー(気)をコントロールする
  気を感じ、気を高め、日常生活に気の技法を活かす矢山式気功法

4.環境を整える
  食(水・食材・サプリメント等)、住環境(電磁波、化学物質)、口内(歯科金属除去)等

レッスンの五原則

1.動作は出来るだけゆっくり行う

2.動作と呼吸を合わせる

3.体の感覚に意識を集中させる

4.イメージを加え快適さを追求する

5.積極的なリラックスを心がける

以上の五原則を意識して行うことによって、一般的な運動・体操とは比べ物にならないほど、著しい効果が得られます。

全身の神経情報を円滑に調整して、全身を活性化し調和をもたらします。

その結果、自律神経や中枢神経の働きが調和し、ホルモンの分泌がうながされ、身体と心の健康が、相互に高められていきます。

ホリスティックヘルス・コンディショニングの概要

ホリスティックヘルス・コンディショニングとは

1.外なる体の力・内なる体の力を高める
  ヨガ・背骨体操・スロー筋力トレーニング・体幹トレーニング等

2.体と心の緊張をほぐし深くリラックスする
  ヨガ、呼吸法等

3.エネルギー(気)をコントロールする
  気を感じ、気を高め、日常生活に気を活かす

4.環境を整える
  食(水・食材・サプリメント等)、住環境(電磁波、化学物質)、口内(歯科金属)等