ヨーガで筋肉と柔軟性を高めリラックスすることが体の健康を決める! [ 健康スタジオ横浜 ]


● ヨーガで筋肉の量と質、柔軟性を高めることが体の健康を決める!

こんにちは。健康スタジオ横浜の内藤です。

今日もご訪問くださりありがとうございます。

 

今日は体とエネルギーの関係について書いていきたいと思います。

ヨーガをするうえでまず最初に自分の体と向き合っていきます。

「自分の体ってこんなだったの」

もしかしたら納得?あるいは驚くかもしれませんし、「ヨーガには向いていない」なんて思われるかもしれません。

それまで自分の体と向き合うことはほとんどなかったと思います。

スポーツをされている方でさえも、ゲーム性のある競技だと、自分の身体以外のことに意識が向いている時間が長くなります。

人間はオギャーとこの世に誕生して、子供から少しずつ発達・成長し、成熟した大人になり、老化へ向かうという過程をたどっていきます。

私たちの体も同じで、急激に発達していく20歳くらいまでの時期を経て、ピークである20歳から40歳くらいまでを過ごし、あとは徐々に加齢に伴って体も衰えていきます。

体の衰えに伴い筋肉も衰えてくると柔軟性がなくなり硬くなり怪我もしやすくなります。

人間は「モノ」としての体のボディと「エネルギー」としてのボディが合わせ持っている存在ですが、人間が健康に生きていく場合、まず「モノ」としての体をつくっていくことが必然必要となります。

 
スピリチュアル系や気功の一部の先生の中には、「モノ」の体はさておき、エネルギーだけで体をコントロール出来ると話しておられる方もいらっしゃいますが、はっきり申し上げて一般の人には出来ません。

肉体が存在しているこの次元においては、この次元の法則があります。

まず、「モノ」としての肉体のボディを整えてから、「エネルギー」のボディを整える順番になります。

 
この順番を間違えると、若いうちはまだいいのですが、50歳を過ぎる頃になると、健康上の問題が生じてくる恐れがあります。

その問題を回避するためにも、人生を健康で生きていくためには、適度に筋肉を鍛え、そして維持していく必要があります。

プラーナヨーガ教室では、究極のリラックスを最大の目標にしていますが、究極のリラックスの前に体をしっかりと動かし作っていくことを行っています。

◆アーサナ(ポーズ)の練習では、前半は背骨を柔軟に動かすポーズと後半では筋肉量の多い大腿部を動かす立位のポーズを行います。

◆アーサナ(ポーズ)全般をとおして、筋肉の柔軟性を高めていきます。

まず、「モノ」としての体をつくっていくための2種類の運動効果としては、

・筋力を高める

・柔軟性を高める

 

この2種類の基本運動で「物質」の体をつくっていきます。

この「物質」の体をつくることが、健康にとって何をおいても最優先で行うことです。

ただし、「過ぎたるは及ばざるがごとしですから」適度をお忘れなく。

そして、同時に

究極のリラックス

を行っていくことで「心」の健康もつくっていきます。

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございます。