ヨーガの呼吸法とノーベル呼吸について


● ヨーガの呼吸法とノーベル呼吸について

健康スタジオ横浜の内藤です。

本日もご訪問くださりありがとうございます。

 

ヨーガの呼吸法の中には、呼吸の時間を長くしてリラックスを促すナーディショダンがあります。

このナーディショダンと似ている呼吸で、ノーベル呼吸といった呼吸法があります。

 

ノーベル呼吸の方法と効果とは

血圧や動脈硬化が気になる方にお勧めのノーベル呼吸です。

 

【ノーベル呼吸】

ノーベル呼吸というのは、ノーベル生理学医学賞を受賞したアメリカUCLAチームの一酸化窒素の研究から、この一酸化窒素の原理を利用する事によって、血管を拡張させて血圧の上昇を抑える事により、動脈硬化を予防する事が出来る呼吸法です。

 

【ノーベル呼吸のやり方】

ノーベル呼吸のメリットはとても簡単で場所も選びません。

そしていつでも、気軽に出来ます。

① 両鼻の穴をふさぐ
② 右の鼻を開けて息を吸い込みます
③ 右鼻をふさいだら左鼻を開けてゆっくりと息を吐く。吐ききったら息を吸い込む。
④ 左鼻をふさぎ、右鼻をあけてゆっくりと息を吐く

これを1セットとして1日20回行う。

 

★ ポイント

ポイントは必ず片鼻を閉じる事です。

閉じてる方の鼻の中に一酸化窒素がたまり片鼻ずつ呼吸する事により常に嗅神経を刺激し続けることができます。

 

★ 一酸化窒素とはどうして?

一酸化窒素は鼻の粘膜から常に放出されています。

この一酸化窒素が鼻の奥にある嗅神経を刺激すると、嗅神経から脳内の視床下部へと刺激が送られ、ここから血管拡張の指令が全身に送られ、動脈硬化の予防に繋がります。

2週間試した大抵の方は、血圧の低下が見られたそうです。

 

最近は、呼吸の浅い方が増えています。

1日に何度も自分の呼吸の浅さに気が付いたら、深い呼吸をする癖をつけていきましょう。

この深い呼吸と言うのは、運動の後の呼吸とは違います。

深い呼吸法では、極めてゆっくりと静かに息を吐いたり吸ったりすることが特徴です。

静かにゆっくりと呼吸する事は、酸素を必要以上に取り入れないようにするためです。

ヨーガでは、呼吸がとても重要となります。

 

ヨーガのナーディショダンでは吐く息と吸う息のバランスを2:1にします。

ゆっくり長く吐くことによって、自律神経のバランスを整えたり、心の安定に効果があるということが知られてます。

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございます。