フレイルは単なる老化現象とは違う!年齢を重ねるほど運動が必要!


● フレイルは単なる老化現象とは違う!年齢を重ねるほど運動が必要!

健康スタジオ横浜の内藤です。

今日もご訪問くださりありがとうございます。

 

皆さん、フレイル という言葉をご存じでしょうか?

「もろさ」「虚弱」を意味する英語のfrailyからきています。

「健康と病気の中間的な段階」

75歳以上の多くの人が、この段階を経て要介護状態に陥るとされています。

高齢になるにしたがい筋力が衰える現象は「サルコペニア」よ呼ばれ、さらに生活機能が全般的に低くなると「フレイル」となります。

 

これまでは、フレイルのことを「老化現象」として見過ごしてきましたが、日本老年医学会が統一した名称をつくることで、医療や介護の現場の意識改革を目指したわけです。

次のような要件に当てはまると「フレイル」とされています。

「フレイル」の要件をご紹介いたします。

フレイルの要件

1.移動能力の低下

2.握力の低下

3.体重の減少

4.疲労感の自覚

5.活動レベルの低下

以上の5項目のうちで、3つ以上当てはまると、フレイルの段階とされます。

国立長寿医療研究センターの調査によれば、65歳以上の人で、5000人のうち11%が該当しているといいます。

近年では非常に増えています。

そしてそれが、認知症や寝たきりの長期化につながっていきます。

 

フレイルの提言を作成した京都大学の荒井秀典教授は「適切に対応すれば、心身の良い状態を長く保つことが出来るという考えを浸透させたい」と話しています。

まさにそのとおりだと思います。

高齢者になって、体重減少とともに筋肉が落ちることを出来るだけ避けたいわけです。

そのまま何もしなければ、老化現象に拍車がかかり、フレイルに突入していきます。

健康スタジオ横浜の背骨呼吸メソッドでは、筋肉が落ちないようなメニューをしっかりと取入れています。

特に太ももと背中は、体の中でも一番大きな筋肉のひとつです。

ここをしっかりと作っていけば「フレイル」を予防できます。

 

「背骨呼吸メソッド」の教室には、後期高齢者の方が数人ご参加されていらっしゃいますが、驚くほど元気です。

おそらく、見た目にも年齢よりも若く見えるはずです。

60歳を超えたら、体をしっかり動かす習慣を作っていくことが必要です。

ご自身はもとより、ご家族がフレイルや寝たきりにならないためにも、背骨呼吸メソッドは大きな効果をもたらします。

また、認知症の予防にも大きな効果があります。

 

背骨呼吸メソッドの体験のお申し込みはこちらから!

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございます。

 

「気功(プラーナ)脳力開発健康法10日間無料セミナー」はこちらから

「背骨達人で健康100歳に~健康自由人」のメールマガジンはこちらから

 

LINE@のページが出来ました。

登録の方法は次のとおりです。

◆ LINEの検索検索からこちらのアドレスを入力なさってご登録ください

@jwq4603w

◆LINEのお友達表示の上に人型+のマークがありますのでクリックするとQRコードが出てきます。

下のボタンをクリックしてQRコードを読み取ってご登録ください。

友だち追加