「気」の能力開発のスタートラインとは? [健康スタジオ横浜]


「気」の脳力開発のスタートラインとは?

健康スタジオ横浜の内藤です。

今日もご訪問くださりありがとうございます。

 

健康スタジオ横浜では、「背骨呼吸メソッド」「プラーナヨガ」「矢山式気功」の教室・セミナーを開催しています。

 

・背骨呼吸メソッドは「体の力を高める」 → 気の量を増やす

・プラーナヨガは「リラックスする」 → 気の滞りの解消

・矢山式気功は「手を高性能化する」 → 脳と身体を繋げる、気をコントロールする

以上のことを中心に行っています。

 

1.体の力を高める → 筋力・柔軟性・バランス力

2.リラックス   → 体と心のリラクセーション

3.手の高性能化  → 指を自在に動かす、気のボールを作る

 

この3つが出来ると、「気」を扱って脳力開発をするためのスタートラインに着きます。

それまでは「気」を扱えるための身体づくり、心の状態づくり、脳と身体をつなげる感覚のトレーニングをじっくりと行っていくことが、あとあと近道となることに気づきます。

それ以前に、この3つを個別に高めることで大きな効果があります。

第一に、「体の力を高める」ことで、気の量を増やし、揺るぎない健康を手に入れることができます。

第二に、「リラックス」することで、体の緊張・心の緊張に気づき、自ら緩めることで心の平安が得られます。また、気の滞りを解消します。

第三に、「手を高性能化」することで、手にありありとした気のボールが作れるようになり、コントロールできるようになります。

 

これを客観的に見ながら、時折ご自身でチェックしてみることをおすすめします。

あくまでも健康で快活に能力を高めていくことが目標です。

不健康で見えないエネルギーのことを面白半分に扱うと、場合によっては健康を害することもありますので、以上の3つをお忘れなく。

 

ご興味がございましたら、一度ご体験に訪れてみてください。

ご体験のご予約はこちらから

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございます。