「健康スタジオ横浜」の進む方向!


●  「健康スタジオ横浜」の進む方向!

健康スタジオ横浜の内藤です。

本日もご訪問くださりありがとうございます。

 

健康スタジオ横浜の基本的な考え方、進む方向性についてお話したいと思います。

少しの時間おつき合いください。

 

「健康スタジオ横浜は「健康」という名前をつけておりますが、「健康」になることだけを目的としていません。

健康はあくまでも「状態」であり「ツール(道具)」であると考えているからです。

健康をゴールにしてしまうと、「人生の目的が健康になる」といった”健康オタク”になってしまうことになりかねません。

当スタジオにお越しいただいた方には、

・健康な「状態」で何をしたいのですか?

・健康な「状態」を手に入れたとしたら「どのように生きていきたいのですか?」

とお尋ねしています。

健康な「状態」の作り方、習慣づくりのためのお手伝いとして「健康スタジオ横浜」で教室を開催しています。

 

今の世の中は、様々な健康情報が溢れていますが、本質は極めてシンプルです。

何にも増して筋肉や柔軟性が衰えないように動かし、リラックスして心をおだやかにして、良い環境づくりを心掛け、好奇心旺盛にして楽しんで生活をしていると、自然と元気に生きられるのではないでしょうか。

これからの日本は世界に類を見ないほど急速に高齢化時代を迎えていきます。

2023年には、国民の1/3が65歳以上の高齢者になり、さらに高齢者の高齢化(75歳以上の後期高齢者)が進んでまいります。

今後、医療費や介護費が大幅に増額していくことは容易に予測がつきます。

その時にどのような生き方をしているのか、まさに今後問われてくるのではないでしょうか。

せっかくこの世に生を受けたのですから、与えられた時間を長く自由に有意義に使いたいものです。

寝たきりとか、介護を受けながらの長生きでは楽しくないし迷惑もかけます。

「いつまでも元気で、自分のことは何でも自分で出来て、行きたいところにはいつでも自由に行ける。そしてやりたいことが自由にできる」

健康な体と心の状態があってはじめてこれが可能になります。

健康スタジオ横浜では、「ホリスティック・ヘルス・コンディショニング理論」に基づいた方法で、しっかりとした「ベスト(健康)な体づくり」「ベスト(健康)な心づくり」を行い、さらに環境を整えるアドバイスも行っています。

ベストな状態は自分でつくります。

何か人や物に依存したとしても一時的なものです。

普段は何もしていなくて、具合が悪くなると薬や整体・マッサージなどにお世話になっても、本質的な「健康状態」を手に入れることは難しいといえます。

 

病気を治すことと、健康で生きていくことは違います。

医療は不調を取り除いたり、検査の数値を良くしたり、症状を軽くしたりできるかもしれません。

しかし、本当に健康で生きていくには、運動をして体の力を高めたり、リラックスしてストレスをケアしたり、精神面の勉強も必要です。

また、水、食事やサプリメント、住まいの環境など外部から整えていくことも必要です。

このように健康で生きていくためには、医療以外のことを学んで自分で実践する必要があります。

これらのことにもっと関心を持ち、目を向けてみましょう。

健康は、自らが人生の主人公となって創り上げていくことで、「真の健康」を築いていくことができます。

ひとりひとりが、

『「健康という「状態」や「ツール(道具)」を持ってどのように生きていくのか?』

が最も大切な時代となります。

「健康な体」「健康な心」をつくり、さらに「気・プラーナ(エネルギー)」の世界観をもって、楽しく「脳力」を高めて人生に活かしていきませんか。」

そのような人が1人でも増えていくことを願っています。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。